例会報告・上位入賞者データ

令和2年度 08月2日 第08回例会 貞広沼

  • 天候 曇り晴れ
  • 気温 19℃→26℃(検量終了時)
  • 風向 南より
  • 概況  平常
  • 開始 4:30  終了13:00
  • 参加 16名
優 勝 阿部 晃大
5.52kg
第2位 小野寺 潤
3.81kg
第3位 加藤 俊夫
3.77kg
第4位 千葉 茂
3.68kg
第5位 岩山 英紀
3.33kg
大 型 小野寺 潤
38.0cm
優 勝  阿部 晃大
1IMG_1009.jpg
入場場所: 西側の中央
竿: 18尺
タナ: 底↔5cm切り
エサ: 新べら+四季
釣果: 39枚 5.52kg
コメント: 釣り始めはジャミがウキを抱えるくらいでしたが、へらぶなが寄りだすとウキの動きも安定。ボソッとしたエサがアタリをもらいやすかったです。小型~中型主体に小気味良い引きが強い魚が多く、堪能できました。 オフの千葉さん差し入れのスイカが最高に美味しい!感謝。
1IMG_1002.jpg
第2位  小野寺 潤
1IMG_1011.jpg
入釣場所 : 東面 最初の出っ張り奥
竿  : 17尺
タ  チ :1.6本
タ  ナ : 1.1本
エ  サ : 四季と麩マッシュのセット
釣  果 : 16枚  3.81kg 大型賞38.0cm
コメント : いつもはすぐ釣れるのに1時間ほどかかり、それでも周りでは1番だったので良い方。今年は最初から西面が皆絶好調で、貞弘じゃなきゃ皆移動してたと思う。とにかく魚が薄くやむなくセットで、食い気も無いのでエサ落ちの最後の最後に吸い込ませるみたいな釣りだった。しかし、例年よりヘラのコンディションは良く引きは小さくてもよかった。12時くらいにパンパンの40上が釣れたおかげで2位まで食い込めました。大型は大事!
第3位 加藤 俊夫
1IMG_1006.jpg
入釣場所 : 西面入り口付近
竿 : 18尺
タチ : 1本8分
タナ : 底
エサ : 四季とアルファのセット
釣果 : 24枚  3.77kg
コメント : サワリも乏しくアタリを出すのに苦労した。サワリやカラツンがで出すと3枚釣れてまたノー触りの繰り返しでした。

編集後記

この時期でも距離と歩きさえ気にしなければそこそこ釣れる貞弘だったが、今年は厳しい結果だった。魚の本体が最近流行っていた東面入口から西面奥になった印象だった。毎回、灼熱の中で魚を長距離運ぶのがしんどいので例会後の千葉さん差し入れのスイカが今までの人生で1番甘く美味しく感じました。ありがとうございました!