ブログ 野べらの囁き

晩秋の巨べら天国

DSC_0114
DSC_0115

 11月、今シーズンも残り少なくなりました。水温低下に伴って活性が低下傾向ではありますが、ウグイ等のジャミも静かになる時季となり、思わぬ好釣果に恵まれる事もあります。会員の面々は各ポイントで数釣を堪能する等、終盤戦を楽しんでいる様子。釣行日は天気に恵まれつつ、やや風が強い一日。大型が期待できる当所にて実釣を開始するもウキにはなかなか反応が出ず、辛抱の時間が経過しました。ややワンド寄りに入った釣友の竿が弧を描きます。大型特有の動かない感覚。その後、潜水艦のように重量感ある抵抗が始まります。随分と上がってきません。周りからも「さすがに鯉?」くらいに感じていたのですが、水面を割って現れたのは、白銀のスーパージャンボなへらぶな!思わず周りからも歓声が!計測すると45cmのとにかく美しいへらぶなでありました。その後も45cmを超えるサイズは出ないものの、40cm前後を複数枚追加し、陽が傾き始める頃に終了となりました。数メートル離れたポイントでは、数・サイズ共に全くかなわない釣況から、季節とポイントの選択等がピッタンコになった結果のようです。 うらやましいなぁ。 by kaitoman

Leave a Reply